blog

「もう1度ビキニが着てみたい」


 

「オンラインボディメイクスタジオ2020春の陣」

 

「もう一度ビキニを着てみたいです

「スタイリッシュになって撮影してもらいたい」

「自分の体を好きになりたい」

「来たい服をどんどん着て自分を表現したい」

「太っているのが当たり前から抜け出したい」

 

 

早速お申込みの皆さまから、エネルギーあふれる嬉しいメッセージが集まって来ており、2020年も切磋琢磨しながら高め会えるチームになっていく予感を感じております。

 

 

わたしは出産時に18kg太ってしまい、トレーナーという仕事を長年してきたにも関わらず、自分が自分でなくなってしまったような不安でいっぱいでした。

 

2人目の出産では、頭が大きかったこともあり「本人が無理!」と判断したのでしょう。なんと予定日1週間前にぐるん!とひっくり返り逆子からの緊急帝王切開。父には「もうお腹は出せないな」と言われました。

 

しかし、グッドエイジングボディメソッドで激しい運動抜きでスルスルと産前の体重まで落とし、産後初体験してしまったらギックリ腰も完治!

手術跡もビキニが着れるラインで手術していただいたおかげでおかげで

 

 

またお腹も出せるし 

 

 

ビキニも着られるようになりました。

 

というか、ビキニはいつでも着られますね笑

まずは、家でこっそり着てみるのもアリです。

 

海外ではかなりふくよかな方も堂々と着ていらっしゃいますし

 

まず、ビキニを持っていない方は買いに行く、とりあえず着てみる、旅行もしくは海やプールに行く予定をつくる。

 

ひとまず着てみて

どうせ着るならもっと綺麗に着たいとなったり

いや!!このままは本気でマズい!!

を実感するのもおススメです。

↑昨年のビキニ同行ショッピング

 

 

そもそも人はやってもやらなくても良いことはやりませんから。

 

カラダづくりも強く必要性を感じること

「わたしこのままは嫌!」を自分の中でしっかりと認識することがスタートになります。

 

 

 

 

望んでその手を伸ばせば

いつからだって

いますぐなりたい自分になれる

 

大切なのは

「願望を明確化すること」

 

「これでいいや」

「わたしはこうだから」

と自分を納得させてはいませんか。

 

もし制限なくイメージするとしたら

どんな空間で

誰と

どんなふうに過ごしたいですか?

 

どんな装いで

どんな表情をして

どんな言葉を交わしていたい?

 

 

1度切りの今世

もう少しだけ欲張りに

あなたの願い叶えてみませんか。

 

 

先日募集を開始しました「オンラインボディメイクスタジオ2020春の陣」北は北海道から、近畿、中国地方まで全国各地からお申込みをいただき、4分の3以上のお席が埋まりました。

→【残席3名】

 

3月17日(火)には「春の陣桜まつり」と称して、OBS(オンラインボディメイクスタジオ)参加者の皆さまに、わたしから女性の魅力が満開になる撮影会のプレゼントも企画中です

「お申込みは19日(日)23:59まで」

https://ueyoshihiroko.com/blog/2020-1-13.html