blog

「ダブル成人式」


成人式の時、好きな着物を選んでいいよと言ってもらったにも関わらず、地味な深ーい緑の無地の着物を選んだわたし。

その時は、少し大人っぽいその着物がよく思えたのだけど、一生に一度、赤とかもっと華やかなのを着ておけば良かったなと、その後何度か思ったものでした。

 

そんな中決まった「着物de初詣」

「赤着てみたいなぁ」とふと脳裏をよぎる。

しかし、大人な女性が着る訪問着といえば淡いピンクやベージュ、藤色など落ち着いた色みのものばかり。

「さすがに赤は無いよね

と母が昔着ていた着物を譲り受け、着ていく予定でした。

 

 

そして初詣の2日前、その話を知っていたはるなちゃんからメッセージ。

「もし良かったら、振袖着ませんか?」

「え!?ふ振袖!?」

 

子ども2人いて振袖

 

一般的に考えてなしだけど

その常識の枠に留まるのか

常識の外に一歩出てみるか… 

 

この人生で、絶対に着ることはないと思っていた「赤の振袖」

今回は仲良しメンバーでお着物来て楽しく初詣しようというカジュアルな会だしアリかな?と聞くわたしに

 

「大丈夫!ダブル成人式」

 

と横山はるなちゃんが背中を押してくれました。

 

いま持っている常識や「普通」の枠を外すことで

新しい景色がみえてくる

 

「こんなことできない」

と思っていたことも、やってみたら意外にひょいっとできちゃうもの。

 

やろうと決めること

決めたらどうやったらできるかだけを考えること

いまの現状でどうやったらできるかだけを考えて 

自分の心の声に耳を傾けて進んで来たら 

 

やさしくて

才能あふれる美しい人ばかり

の世界になっていました。

それぞれがその才能や特性を活かし

やりたいことができて日々満たされていたら

 

誰かを攻撃したりする人のいない

やさしい世界になるとおもうんです。

 

そんなやさしい世界をつくりたい

わたしも想いをもっといろんな方法で伝えられるよう、できることを増やしていきたいな。。

 

旦那さんやパートナーのため

子どものため

両親

友人

お客さまのため

 

そんな風に「いつも誰かのために頑張るあなた」が

少しだけ立ち止まって

自分と向き合う時間

携帯に超高性能カメラが搭載されてこれだけ身近なものになり

もう撮影は特別な人のものじゃない

特別な日じゃなくてもいい

撮影をするといつもの日常が、とても愛おしい日だったことをいつでも思い出させてくれます。

 

40年間、楽しい時もちょっぴりつらい時も

一歩一歩、あゆみを進めてきた自分へ

ご褒美のような時間でした。

 

 

今回「振袖を来ませんか?」

とわたしの背中を押して、着付けまでしてくれたはるなちゃん。

 

赤いお着物に合うイヤリングも彼女の手づくりなのです。本当にありがとう。

 

彼女は家庭の事情で成人式撮影ができなかったという方へ、ボランティアで着物を準備し、着付けなら撮影をするという活動をしていたという話を聞き

外見だけでなく

内面もどこまでも純度高く美しい方だと

会うたびに魅了されています。

 

 

そんなメンバーとの最高に贅沢な時間に

心の栄養も満タンになり

明日からもまた頑張れそう♪

この会は智美さんがいたから実現しました。

今回の記事に使わせていただいた写真を撮ってくれた佐保ちゃん。

突然の呼びかけに快く駆け付けてくれた

美貴さん、さと美ちゃん。

そしてダブル成人式のトータルプロデュースをしてくれたはるなちゃん。

本当にありがとうございます。

 

爽やかに

華やかな

良い1年のスタートとなる着物de初詣でした。

 

 

 

 

 

 

 

「オンラインボディメイクスタジオ2020春の陣」

先行お申込みは19日(日)まで↓

https://ueyoshihiroko.com/blog/2020-1-13.html